プラセンタの種類と特徴について

美容のためにプラセンタを取り入れている方は多くいらっしゃると思います。プラセンタにも色々な種類があり、馬や豚、羊やヒトなどの胎盤が原料として使われています。こちらでは、そんなプラセンタの種類と特徴について紹介しています。

豚プラセンタ

プラセンタの中で主流になっているのが、豚の胎盤から抽出された豚プラセンタです。
豚は年に2回1度に10頭前後の子どもを産み、たくさんの胎盤が生産されるため、他のものと比べて価格がお手頃であることが特徴です。

しかし、1か所で飼育されている大量の豚は感染症の問題が懸念されるため、予防策としてワクチンや抗生物質などの薬剤が投与されています。そのため、この殺菌処理を行うことでプラセンタの有用成分の多くが失われてしまう可能性があります。

馬プラセンタ

馬プラセンタは豚プラセンタに比べ、約250倍以上ものアミノ酸が含まれています。しかし、馬は年に1回、1頭ずつしか出産しません。そのため、豚プラセンタのように大量生産することができず、価格が高いことが特徴です。

羊プラセンタ

日本国内では豚プラセンタや馬プラセンタが多く流通しているため、羊プラセンタを知っている人は少ないかもしれません。プラセンタに使用されている羊は、質のいい飼料を食べて管理が徹底された牧場で育っているため、胎盤には豊富な栄養素が含まれています。

ヒトプラセンタ

人間の胎盤から抽出されているのが、ヒトプラセンタです。人の胎盤から抽出されたものなので、豚や馬、羊などのプラセンタと比べると人の体に一番馴染みやすいことが特徴です。しかし、ヒトプラセンタは一般のサプリメントや化粧品、食品などの使用が薬事法により禁止されています。

そのため、ヒトプラセンタはプラセンタ療法が認められた製薬会社でのみ製造されていて、医療機関でしか使用することができないのです。医薬品として認可されていることを考えると、最も安全性の高いプラセンタといえます。

兵庫県川西市にある当院は泌尿器科腎臓内科を専門としておりますが、プラセンタエキス注射やにんにく注射、血液クレンジングなども行っております。

プラセンタを取り入れたい方は、ぜひ当院をご利用下さい。また、当院では性病の相談や治療も行っておりますので、性病科をお探しの方もご利用いただけます。パイプカット手術をご希望の方もお気軽にご相談下さい。