腎臓病で起こる様々な症状

腎臓は体を正常な状態に保つために欠かせない大切な臓器です。しかし、腎臓は一度機能が失われてしまうと、回復することが難しい臓器でもあります。

美容にいいといわれているプラセンタには肝細胞増殖因子が含まれており、腎臓病など多くの病気と関わりを持っています。

こちらでは、そんな腎臓病で起こる様々な症状について紹介しています。

たんぱく尿

腎臓のろ過機能が低下してしまうと、たんぱく質が尿に漏れ出てくる場合があります。たんぱく質が出てくることで、尿の色が濁ってしまい、泡立ちも目立つようになってきます。明らかにたんぱく尿だと認められた場合は、腎臓の病気が疑われます。

また、たんぱく尿は普段から自分の尿を見ることで変化に気づくことができるため、日頃から意識しておくことも大切です。

高熱が出たときやスポーツの後にもたんぱく尿が出る場合がありますが、これは一時的なものなので、特に心配はありません。

血尿

腎臓のろ過機能が低下すると、赤血球が尿の中に排出される場合があります。肉眼では分からない程度の血尿から肉眼ではっきりと分かる血尿まで様々です。

血尿はたんぱく尿と同様、普段から自分の尿を見ることで変化に気づくことができます。
尿道や膀胱の出血が原因で血尿が出ることもあります。

背中の腰より上の部分に痛みを感じる場合や、しこりがある場合は腎臓病のおそれがあるので、すぐに病院へ行きましょう。

たんぱく尿や血尿の他にも、腎臓病の症状には高血圧やむくみなどがあります。しかし、腎臓病は症状が現れにくい病気のため、特に問題ないと感じている方も定期的に検査を受けることが大切です。

当院は泌尿器科腎臓内科を専門としておりますが、性病の相談にも対応しておりますので、性病科をお探しの方もお気軽にご利用いただくことができます。

また、プラセンタ注射や血液クレンジングパイプカットなども行っておりますので、診療内容の詳細を知りたい方はお気軽にお問い合わせ下さい。川西市にありますので、伊丹市や宝塚市にお住まいの方もお気軽にご利用下さい。

プラセンタ注射は、生理痛、肌荒れ、冷え性、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などでお悩みの方にもおすすめです。