尿失禁に悩む女性は多い

くしゃみや咳をした拍子に尿がもれてしまったという経験はありませんか。尿失禁は自分だけかもと悩んでいる女性は多くいらっしゃいます。

尿失禁は病気です

20代の若者から中高年、高齢者と幅広い年齢の方が尿失禁に悩まされており、珍しいものではありません。

とくに、40歳以上の女性で2人に1人は尿失禁を経験しているとされています。尿失禁をしやすくなっても何かしら工夫をして生活をする方もいらっしゃれば、 恥ずかしい思いをしてしまった経験から外出や旅行を控えるようになったという方もいらっしゃいます。

尿失禁が気になるという方はぜひ、恥ずかしがらずに受診することをおすすめします。尿失禁のほとんどが、治療によって改善することができます。

尿失禁が女性に多い理由

尿失禁は男性より女性に多い病気です。その原因は体の構造にあります。女性は男性よりも尿道が短いことが失禁しやすい原因のひとつですが、骨盤底筋の衰えが大きな原因となっている尿失禁がほとんどです。

女性の下半身のトラブルのほとんどは、骨盤底筋が関係しているとされています。骨盤底筋とは、子宮や膀胱など下腹部にある臓器を支えるハンモックのような筋肉のことで、筋力が弱い女性は男性に比べて骨盤底筋の支える力も弱いと考えられます。

また、妊娠や出産によって大きな負担がかかるため骨盤底筋はさらに弱まってしまいます。その結果、尿失禁を引き起こしやすくなってしまいます。

伊丹市近辺で失禁にお悩みの方は、ぜひ当院にご相談下さい。当院では、婦人泌尿器科の診察、治療を行なっております。

プライバシー確保のため女性専用のトイレと待合室を完備していますので、安心してご利用いただけます。 他にも、性病科腎臓内科の診察も承りますので性感染症やむくみを感じられた際はご来院下さい。

男性の避妊手術であるパイプカットの手術も行っておりますのでお気軽にご相談下さい。 また、アンチエイジングに関心が高い方から人気のプラセンタエキス注射、血液クレンジングなども行なっております。

当院で使用しているプラセンタエキス注射は、日本の病院において正常分娩で生まれたヒトの胎盤より作られておりますので、安心してご利用いただけます。